結婚を望むなら不利を認めて目線を下げよ

公開日: 更新日:

 今どき、結婚をするもしないも本人の自由。家庭に縛られない人生だって悪くない。しかし、人生80年の時代、40歳まではイケイケで過ごせても、折り返し後の40年、ひとりで生きて行くことに不安はないだろうか。

 木村隆志著「独身40男の歩き方」(CCCメディアハウス 1500円+税)では、何となく独身のまま40歳を迎え、将来に少しだけ不安を感じている男たちに、望むべき人生を手に入れるための心構えやノウハウを伝授している。

 40代独身男の多くは、「女の40代はキツイけど、男の40代はまだ結婚できる」と上から目線で見ている節がある。しかし、この考えからまず改めるべきだ。何しろ、日本の40代以下の人口はすべての年代で男の方が多く、さらに40代以下の未婚者も男が圧倒的に多い。つまり、40代独身男が年下女性と結婚したいなら、もともと少ない女性の中の、さらに少ない未婚者を探さなければならないことになる。

 婚活サイトなどでも、40代独身男の価値は低い。“婚活女性 本音”で検索すると、「40代のオッサンが必死で困る」「よほど高収入でない限り40代とは会うのもイヤ」などと恐ろしいコメントが見つかるだろう。もしも結婚を望むなら、不利を認めて目線を下げてみよう。それだけで選択肢が広がり、掘り出し物の出会いが見つかる可能性も高くなる。

 40代独身男は「学生時代の仲間が一番」というフレーズを言いがちだが、ライフスタイルがさまざまに変わる40代になってもこれでは考えもの。まして、相手が既婚者ならば価値観にズレが生じてもおかしくない。これに気づかずにいると、あるとき本当に話が合う友人がいないことに愕然とするだろう。

 40代は人生後半の1年生。ぜひ“友達100人できるかな”の実践をおすすめしたい。大人の友達づくりのコツは、「未婚・既婚問わず男女が集まる場を選ぶ」「興味がないものでもチャレンジ」「合わなければ別の場へ」の3つがポイント。さまざまなタイプの友人ができることは、老後の安心・安全にもつながるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  6. 6

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  7. 7

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  8. 8

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  9. 9

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  10. 10

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

もっと見る