「シリア難民」パトリック・キングズレ―著 藤原朝子訳

公開日: 更新日:

 近年、ヨーロッパに押し寄せる数十万単位の難民が大きな問題となっている。ある人は、定員オーバーのボートで地中海を越え、ある人は死と隣り合わせの砂漠の道なき道を渡る。無事に国境を越えても搾取や強盗に遭う危険を冒しつつ、故郷を脱出する理由とは何か。ガーディアン紙で移民担当記者に抜擢された本書の若手ジャーナリストは、シリア難民の今を追った。

 例えば、ダマスカス市の水道局員だった37歳のハーシムの場合、ある日突然、情報機関に監禁され、拷問を受け、空爆で家を破壊されて仕事を失った。その後、国内で避難先を転々とするのも難しくなり、エジプトに脱出したものの、そこでも政変が勃発。3人の子どもと妻を守るため、先にひとりでヨーロッパに渡って家族を呼び寄せるという、命がけのプランを実行に移した。

 本書ではこのハーシムの決死の旅を軸に、難民相手に金儲けする業者や欧州の混乱、NGOやボランティアの奮闘に至るまでを克明に描いている。(ダイヤモンド社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る