• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「働き方という病」江上剛著

 サラリーマンには会社の不正に加担させられることもある。オリンパスが不正なM&Aに手を染めたとき、外国人社長が不正に加担した日本人役員に「あなたは何のために働いているのか」と詰問すると、役員は「Kさん(社長の名)のためです」と答えて社長を唖然とさせた。与えられた仕事だから拒否できず、不正に加担するというケースは多いが、自分は何のために働いているのかと立ち止まって考えるべきだ。著者は支店に異動させられたとき、自分を煙たがる人間が多い本部より支店のほうが伸び伸びと働けると思った。

 かつて広報部長として第一勧銀総会屋事件を収拾した著者による働き方指南の書。(徳間書店 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る