「NO-NO BOY」ジョン・オカダ著 川井龍介訳

公開日:  更新日:

 1941年12月7日。日本軍がパールハーバーを奇襲攻撃して以来、アメリカ人として生まれた日本人は、ジャパニーズ・アメリカンではなく日本人と見なされた。日本人は集められ、アリゾナなどの奥地にある収容所に入れられた。

 アメリカへの忠誠を証明するため、軍隊に志願した者もいたが、イチローは母の願いで志願せず、刑務所に入れられる。4年後、実家に戻ったイチローは両親と再会したが、母は日本が戦争に勝ったと思い込んで、日本から迎えの船が来ると信じていた。

 日米戦争によってアイデンティティーを喪失した日系人青年の苦悩を描く、1957年に出版された作品が新訳で蘇る。(旬報社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る