日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ニュースの裏側が分かる地政学本特集

「現代の地政学」佐藤優著

 複雑に絡み合い、常に変化を続ける国際情勢を論じる際に、近年、よく耳目にする「地政学」。地理的環境が国家に与える影響や、国家間の関係を地理的な条件から考察する学問のことである。そんな地政学的な視点から現在の世界を論じ、ニュースの裏側が分かるようになる4冊を紹介する。

 ソ連崩壊を経たロシアに勤務していた時代に地政学の力に気づいたという元外交官で人気作家の著者による地政学講義。

 今後は、地政学的な見方、思考がますます重要になってくると著者はいう。例えば、英国のEU(欧州連合)離脱。英国の国家意思は、19世紀からヨーロッパ大陸と連携するか、「名誉ある孤立」を選ぶかで揺れ続けてきた。第1次大戦後は、連携路線をとっていたが、今回は孤立主義に向かい、EU離脱を選択した。これはアメリカのトランプ現象とも相似する。英国と米国が孤立主義を選択できるのは、地政学的視点から考えると、両国とも海洋国家だからだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事