• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『日米合同委員会』の研究」吉田敏浩著

 首都圏を覆う「横田空域」という広大な空域を米軍が戦闘機の訓練などで独占的に使用しているが、実はその権利は国内法上の根拠がなく、日米地位協定にも明記されていない。この無法状態の背後にいるのが「日米合同委員会」である。

 発足したのは1952年。メンバーは日本の中央官庁の高級官僚と在日米軍の高級軍人、アメリカ大使館の高級外交官で、彼らが米軍基地の場所の決定、米軍関係者の犯罪の捜査などを協議している。1972年の沖縄返還で那覇空港や飛行場管制業務が日本に返されたが、嘉手納、普天間などの米軍基地の管制業務は米軍に委ねられたままである。

 闇の権力機構に肉薄する一冊。(創元社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る