「弘兼流60歳からの手ぶら人生」弘兼憲史著

公開日: 更新日:

 60歳を越えたとき、人生の貴重な残り時間をどうしたら悔いなく生きられるか。そう考えた著者は、惰性で行ってきた習慣や、なんとなく所有していた持ち物を手放すことを試みた。若い頃に録画したVHSのビデオカセットテープ、流行はずれのスーツ、名刺、本、年賀状や中元・歳暮の習慣など、自分に絡みついているすべてを吟味し、不必要なものは捨てて、できるだけ身軽に生きていく。本書は、そんな弘兼流の人生後半戦の棚卸し法を紹介している。

 吟味の対象になるのは、物理的なものだけではない。家族や友人らの人間関係や仕事の仕方、お金との付き合い方、家事を含めた日々の生活術にまで及ぶ。断捨離やミニマリストのように減らすことのみを重視するのではなく、身の丈に合わなくなった物事や人間関係から自由になったかわりに、今の自分に合った生活をスタートさせることも提案。人に囲まれる生活に流されずに自分ひとりを楽しむ方法を身につけ、家族を決して縛らず縛られず適度な距離感を持つなど、老いを成長のひとつとして新しい生活にシフトしていく前向きさが、なんともすがすがしい。(海竜社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  3. 3

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  4. 4

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  5. 5

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  6. 6

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  10. 10

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

もっと見る