「上野駅殺人事件」西村京太郎著

公開日:  更新日:

 上越・東北新幹線の地下駅の工事が進む上野駅でホームレスを狙った連続毒殺事件が発生する。警視庁捜査1課の十津川らの捜査が難航する中、Kと名乗る犯人から届いた警告の手紙通り、上野駅発の山形行き急行の車内でも乗客が売店のミカンを食べた直後に死ぬ。いずれも使われたのは青酸カリだった。再び届いた手紙でKは8000万円を要求してくる。

 十津川らは受け渡しに現れた犯人を逮捕するが、一緒にいた仲間に逃げられてしまう。逮捕された男は黙秘を続ける。Kは手紙で男の釈放を要求してくるが十津川は応じない。緊張が続く中、新幹線の上野駅開業日に構内で連続爆破が起きる。

 国鉄時代の上野駅を舞台にした長編ミステリー。(講談社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る