「魂でもいいから、そばにいて」奥野修司氏

公開日: 更新日:

 死者、行方不明者1万8000人余りを出した東日本大震災から6年。その被災地で、死者を身近に感じる体験をした人たちがいる――。

 本書は3年半以上、被災地に通い続けた著者に、遺族がぽつりぽつりと語った、不思議としか言いようのない16人の物語の記録である。

「震災の後、被災地ではドアを開けると大勢のズブ濡れの人が立っていたなんて類いの幽霊譚がいっぱいあったんですよ。あるとき、そんな話を宮城県在住の在宅緩和医療の岡部医師としていたら、『幽霊譚はお迎え現象と同じだ。きちんと聞き取りをしたほうがいいんだがなぁ』と言われまして。でも、僕は幽霊なんて信じないタチ。ずっと気が乗らなかったんですが、ある話を聞いて取材をしようと決心したんです」

 それは石巻のあるおばあさんの話だった。近所の人から「あんたのおじいさんの霊が大街道の十字路で出たよ」と聞き、会いたさに毎晩、その十字路に立っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  5. 5

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  9. 9

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  10. 10

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

もっと見る

人気キーワード