• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「続・水素水とサビない身体 ここまでわかった水素水 最新Q&A」太田成男著

 水素水ブームの火付け役である著者は日本の水素医学の第一人者。水素は細胞に影響を与え、抗酸化作用だけでなく、炎症やアレルギーを抑える作用、エネルギー代謝を活発にする作用、細胞死を抑制する作用があることが動物実験等でわかってきたという。

 著者はもともと、細胞内にあってエネルギーのもとを作るミトコンドリアの研究者。体から放出される抗酸化物質の90%を産出するミトコンドリアが異常な状態になると不調や病気が表れ、元気になると改善されることが証明されているという。ならば細胞に良い効果をもたらす水素が全身状態を良くするのは当然だという。水素医学を基礎から学びたい人にオススメの一冊。(小学館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  8. 8

    フィギュアスケート日野龍樹さんの好物は目玉焼きのせご飯

  9. 9

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る