「続・水素水とサビない身体 ここまでわかった水素水 最新Q&A」太田成男著

公開日:

 水素水ブームの火付け役である著者は日本の水素医学の第一人者。水素は細胞に影響を与え、抗酸化作用だけでなく、炎症やアレルギーを抑える作用、エネルギー代謝を活発にする作用、細胞死を抑制する作用があることが動物実験等でわかってきたという。

 著者はもともと、細胞内にあってエネルギーのもとを作るミトコンドリアの研究者。体から放出される抗酸化物質の90%を産出するミトコンドリアが異常な状態になると不調や病気が表れ、元気になると改善されることが証明されているという。ならば細胞に良い効果をもたらす水素が全身状態を良くするのは当然だという。水素医学を基礎から学びたい人にオススメの一冊。(小学館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る