「長生きの統計学」川田浩志著

公開日:

 いつの時代も健康についての情報は玉石混交、いまはメディアに取り上げられても必ずしも正しい情報とは限らない。そこで、重要なのは科学的根拠に基づいた情報だ。この本はハーバード大学や米国の国立がん研究所などの研究機関で報告された論文をベースにした健康・長寿に関する一冊。

 例えば中高年に関心が高いダイエットに関しては、寝ない方が脂肪が燃えにくい体質となり太りやすいという米国の論文を紹介している。さらにコロンビア大学の論文では4時間以下しか睡眠をとらない人は7時間以上とる人に比べて73%も肥満になりやすいことが報告されているという。

 著者は東海大学医学部内科学系血液・腫瘍内科教授。教授が厳選した健康情報を読めば、あなたも周りから一目置かれる存在!?(宝島社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る