• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「シェアハウスで本当にあったヤバい話」日本博識研究所著

 ひとつ屋根の下で若い男女が共同生活を楽しむ「シェアハウス」は、欧米では学生たちの一般的な暮らし方のスタイルとなっていて、日本でも家賃の安さで若者に人気がある。

 しかし、おしゃれで華やかなイメージとは裏腹に、トラブルも多い。例えば、風呂やトイレが共有施設ゆえに、鍵のかけ忘れで異性に見られてしまった、前に使った人が洗濯機を回したまま出掛けてしまい、下着などの洗濯物が中に入っていたため、次に洗濯した人が取り出して、仕方なく脇に出したままにしておいて大騒ぎ。1台のルーターを全員で使うハウスに住んでいて、セキュリティー設定をしていなかったために、勝手にのぞかれていたこともままあるケースだ。

 実際に起こったヤバい18話を、実録マンガも添えて紹介。(宝島社 556円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る