「シェアハウスで本当にあったヤバい話」日本博識研究所著

公開日:  更新日:

 ひとつ屋根の下で若い男女が共同生活を楽しむ「シェアハウス」は、欧米では学生たちの一般的な暮らし方のスタイルとなっていて、日本でも家賃の安さで若者に人気がある。

 しかし、おしゃれで華やかなイメージとは裏腹に、トラブルも多い。例えば、風呂やトイレが共有施設ゆえに、鍵のかけ忘れで異性に見られてしまった、前に使った人が洗濯機を回したまま出掛けてしまい、下着などの洗濯物が中に入っていたため、次に洗濯した人が取り出して、仕方なく脇に出したままにしておいて大騒ぎ。1台のルーターを全員で使うハウスに住んでいて、セキュリティー設定をしていなかったために、勝手にのぞかれていたこともままあるケースだ。

 実際に起こったヤバい18話を、実録マンガも添えて紹介。(宝島社 556円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る