「水中少女」堀川アサコ著

公開日:

 1000年前、下半身だけの水死体でこの地に流れ着いた「おれ」は、たたりを恐れた当時の人に祭られ、神になった。といっても、元水死体なので神通力はなにもない。

 ある夜、常駐する遠海神社の本殿に侵入してきた男が、見えないはずのおれに話しかけてきた。男は神様の御利益を売ってくれと、1000万円の札束を差し出す。男は、その金で心の闇から救い出して欲しいというが、その心の闇の正体を語ろうとはしない。金に釣られて引き受けてしまったおれに、男は必要経費として100万円だけ残し、帰って行く。男を尾行したおれは、自分とは別に水の足跡が男の後をつけているのに気が付く。(「表題作」)

 他1編を収録した面白くもちょっと切ないヒューマンファンタジー集。(徳間書店 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る