「水中少女」堀川アサコ著

公開日:

 1000年前、下半身だけの水死体でこの地に流れ着いた「おれ」は、たたりを恐れた当時の人に祭られ、神になった。といっても、元水死体なので神通力はなにもない。

 ある夜、常駐する遠海神社の本殿に侵入してきた男が、見えないはずのおれに話しかけてきた。男は神様の御利益を売ってくれと、1000万円の札束を差し出す。男は、その金で心の闇から救い出して欲しいというが、その心の闇の正体を語ろうとはしない。金に釣られて引き受けてしまったおれに、男は必要経費として100万円だけ残し、帰って行く。男を尾行したおれは、自分とは別に水の足跡が男の後をつけているのに気が付く。(「表題作」)

 他1編を収録した面白くもちょっと切ないヒューマンファンタジー集。(徳間書店 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る