「それは経費で落とそう」吉村達也著

公開日:

 初狩電器営業部の塩崎は、大学の後輩と飲んだ代金を経費で落とすため、いつものように寿司屋でもらった白紙の領収書を偽造する。しかし、経理担当の愛子が、不正をネタに一度だけでいいから抱いて欲しいと迫ってきた。

 結婚を控える塩崎は、さらに結婚まで迫ってきた愛子を殺して湖に沈めてしまう。結婚まで1週間と迫ったある日、塩崎は上司の小淵に呼ばれる。小淵の手には塩崎が偽造した領収書があった。塩崎が寿司屋で接待したとウソの報告をした取引先の社長が他殺体で見つかり、警察によると殺されたのは領収書に書かれた日付だと分かったという。(「表題作」)

 単身赴任先での浮気や上司と部下の関係などサラリーマンの日常をテーマにしたミステリー集。(集英社 560円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る