「それは経費で落とそう」吉村達也著

公開日:

 初狩電器営業部の塩崎は、大学の後輩と飲んだ代金を経費で落とすため、いつものように寿司屋でもらった白紙の領収書を偽造する。しかし、経理担当の愛子が、不正をネタに一度だけでいいから抱いて欲しいと迫ってきた。

 結婚を控える塩崎は、さらに結婚まで迫ってきた愛子を殺して湖に沈めてしまう。結婚まで1週間と迫ったある日、塩崎は上司の小淵に呼ばれる。小淵の手には塩崎が偽造した領収書があった。塩崎が寿司屋で接待したとウソの報告をした取引先の社長が他殺体で見つかり、警察によると殺されたのは領収書に書かれた日付だと分かったという。(「表題作」)

 単身赴任先での浮気や上司と部下の関係などサラリーマンの日常をテーマにしたミステリー集。(集英社 560円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    “M─1舌禍騒動”当初は久保田&武智を支持する声も多かった

もっと見る