「それは経費で落とそう」吉村達也著

公開日: 更新日:

 初狩電器営業部の塩崎は、大学の後輩と飲んだ代金を経費で落とすため、いつものように寿司屋でもらった白紙の領収書を偽造する。しかし、経理担当の愛子が、不正をネタに一度だけでいいから抱いて欲しいと迫ってきた。

 結婚を控える塩崎は、さらに結婚まで迫ってきた愛子を殺して湖に沈めてしまう。結婚まで1週間と迫ったある日、塩崎は上司の小淵に呼ばれる。小淵の手には塩崎が偽造した領収書があった。塩崎が寿司屋で接待したとウソの報告をした取引先の社長が他殺体で見つかり、警察によると殺されたのは領収書に書かれた日付だと分かったという。(「表題作」)

 単身赴任先での浮気や上司と部下の関係などサラリーマンの日常をテーマにしたミステリー集。(集英社 560円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る