• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「花の残日録」小川征也著

 45歳の弁護士、百田は、主治医に紹介された大学病院で、膵臓に腫瘍があり、リンパ節に転移していると告げられた。手術を受けて退院後1カ月で仕事に復帰しようと考えたが、医師は百田に緩和ケアを受けろと勧める。仕事以外に、書きかけの長編小説を完結させたいし、実家に預けたクサ亀とも和解したい……。

 百田は主治医に緩和ケアを依頼し、モルヒネを使うことになったらアヘンにしてほしいと頼んだ。グレアム・グリーンの小説に出てくる、アンナン娘に介添えをしてもらうアヘン吸引者を真似たかったのだ。そして、その日常をハードボイルドにつづろうと決意する。

 がんになった中年弁護士の終活の日々をユーモラスに描く。(作品社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る