「花の残日録」小川征也著

公開日: 更新日:

 45歳の弁護士、百田は、主治医に紹介された大学病院で、膵臓に腫瘍があり、リンパ節に転移していると告げられた。手術を受けて退院後1カ月で仕事に復帰しようと考えたが、医師は百田に緩和ケアを受けろと勧める。仕事以外に、書きかけの長編小説を完結させたいし、実家に預けたクサ亀とも和解したい……。

 百田は主治医に緩和ケアを依頼し、モルヒネを使うことになったらアヘンにしてほしいと頼んだ。グレアム・グリーンの小説に出てくる、アンナン娘に介添えをしてもらうアヘン吸引者を真似たかったのだ。そして、その日常をハードボイルドにつづろうと決意する。

 がんになった中年弁護士の終活の日々をユーモラスに描く。(作品社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  4. 4

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  5. 5

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  6. 6

    菅原前経産相の再選後押し 立憲・国民の不毛なメンツ争い

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  9. 9

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  10. 10

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る