「花の残日録」小川征也著

公開日:

 45歳の弁護士、百田は、主治医に紹介された大学病院で、膵臓に腫瘍があり、リンパ節に転移していると告げられた。手術を受けて退院後1カ月で仕事に復帰しようと考えたが、医師は百田に緩和ケアを受けろと勧める。仕事以外に、書きかけの長編小説を完結させたいし、実家に預けたクサ亀とも和解したい……。

 百田は主治医に緩和ケアを依頼し、モルヒネを使うことになったらアヘンにしてほしいと頼んだ。グレアム・グリーンの小説に出てくる、アンナン娘に介添えをしてもらうアヘン吸引者を真似たかったのだ。そして、その日常をハードボイルドにつづろうと決意する。

 がんになった中年弁護士の終活の日々をユーモラスに描く。(作品社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る