「遠縁の女」青山文平著

公開日: 更新日:

 宮本武蔵が没してすでに140余年も経つ寛政の年のある日、23歳を迎えた片倉隆明は剣の修行の旅に出ることになった。剣よりも学問が重きをなす時代にあってこの浮世離れした選択をしたのは、父からの強い勧めがあったからだ。

 父の急死をきっかけに5年の長きにわたる武者修行を終え国元に帰ってきた隆明は、藩校の朋輩で、その後市川家に婿入りした誠二郎が2年前に切腹していたことを知る。この意外な出来事と父の強い勧めの背後には隆明の遠縁で、誠二郎の妻となっていた幼馴染みの信江の存在があった。そして最後に語られた驚愕の事実とは――。

 他に、「機織る武家」「沼尻新田」を含む珠玉の3編を収録する傑作武家小説集。(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  10. 10

    “ヌーブラ、ヤッホー!”元「モエヤン」久保いろはさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る