尾木直樹さん 「科学の力を借りれば毎日がラクに楽しく」

公開日:

「科学的に元気になる方法集めました」堀田秀吾著(文響社 1340円+税)

 最近は、悩みがあるとすぐスマホで検索という人も多いようですね。でも、ネット上には情報が多すぎて結局不安が増しただけ、なんて話もよく聞きます。

 この本で紹介されているのは、ハーバード大学やNASAといった研究機関によって、エビデンスが保証された方法ばかり。「動作に効果音をつけるとパフォーマンスが上がる」「楽しい動きをすると楽しくなってくる」など、どれも手軽にトライできそうで、読んでいるだけで前向きな気持ちになってきます。

 日本では昔ながらの根性論が根強いけれど、心理学や脳科学といった分野は日々進歩しています。リラックスしたい、やる気を出したい、仕事の効率を上げたい……さまざまな場面で科学の力を借りてみると、毎日がもっともっと“ラクに楽しく”なるかもしれませんよ。

 ちなみに、僕はお気に入りのアロマを嗅ぐと気持ちが落ち着いてうまく切り替えられるの。アロマの効果は科学的にも実証済み。ぜひ試してみて下さいね。

▽おぎ・なおき 1947年、滋賀県生まれ。教育評論家として講演、メディアで活躍。「尾木ママ」の愛称で親しまれる。著書は200冊以上(監修含む)、近著に「取り残される日本の教育」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る