「人みな眠りて」カート・ヴォネガット著、大森望訳

公開日:

「スローターハウス5」「猫のゆりかご」など、数々の名作を残した現代アメリカ文学を代表する作家ヴォネガット。彼の没後に刊行された短編集の本邦初訳。

 表題作はクリスマスストーリー。クリスマスだけでなく、政府や婚姻や愛国主義などへの敬意を欠いてはいるが、10年間も新聞社で社会部長を務める40代半ばの辣腕部長がクリスマス野外イルミネーションコンテストのベスト20を町中を回って選んでくるはめに。

 そして、最後に訪ねた家で優勝間違いなしの驚愕のイルミネーションに出合ったが、飾られていたイエスやマリアの石膏像が盗まれるという事件が起こり、意外な展開に……。

 ほかに「ジェニー」「消えろ、束の間のろうそく」など、いずれも若きヴォネガットの才気がほとばしる珠玉の16短編を収録する。(河出書房新社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る