体の痛みの原因となるねじれや歪みは自分で正せる

公開日:  更新日:

「ねじれとゆがみ」別所愉庵著

 “予約の取れない療術院”として知られる「朱鯨亭」を営む整体療術家の著者が、体のねじれや歪みにアプローチして首の痛みや肩こり、腰痛を解消する方法を伝授する。

 二足歩行をする人間の体は、前後左右のつり合いをとる仕組みによって支えられている。しかし、つり合いが崩れて無理に体を支える状態が続くと、筋肉や筋膜、骨膜、腱などの組織が圧迫され、ここに疲労物質が蓄積。毛細血管が圧迫されて、痛みやしびれなどの引き金になる。

 この体のつり合いを崩す原因となるのが、体のねじれや歪みなのだという。

 しかし、体のつり合いは自分でも簡単に修正できる。まずは手足を広げてあおむけに寝て、左右の足を順番にグーッと伸ばしてみる。腰骨のあたりに違和感や痛みがないかを調べたら、次に違和感の弱かった方の足だけを力を入れて伸ばし、3秒ほど止めたらパッと力を緩めてみよう。これだけで骨盤のバランスが整い、ねじれや歪みを予防・解消して体の痛みを軽減できるという。

 朝、寝床の中で行えば一日快適に活動でき、就寝前に行えば安眠が促されるはずだ。(晶文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る