「それでは実際、なにをやれば免疫力があがるの?」飯沼一茂著

公開日:

 免疫力が高ければ、あらゆる病気を遠ざけられることが分かってきた。言い方を変えれば、免疫力が低い人はセキュリティーの低い家に住んでいるようなもの。万病に入り込まれる一歩手前と言っても過言ではない。

 本書では、最新の免疫研究に基づいた免疫力アップのヒントを、2択のクイズ形式で紹介している。

 質の良い睡眠を取ると、副交感神経が優位に働いて免疫力アップに有効だ。では、睡眠の質を高めるには、寝室を「間接照明でほのかな明るさにする」と「電気を消して真っ暗にする」のどちらが正しいだろうか。

 正解は、真っ暗にすること。部屋が暗いと眠れないという人もいるが、部屋が明るいと体内では交感神経が刺激され続け、眠ったつもりでも体が休まらない。体内時計も乱れ、免疫力には悪影響なのだ。

「にらめっこ」と「あっち向いてホイ」。どちらもたわいない子供の遊びだが、免疫力に有効なのが、「にらめっこ」だ。笑いが免疫力を高めることは知られているが、実は顔の表情筋を動かすだけでも、笑いと同様の効果が得られるのだという。

 免疫力を高めたいなら、今日からでも始めよう。(ワニブックス 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る