「毛細血管が寿命をのばす」根来秀行著

公開日: 更新日:

 肌や髪の新陳代謝を高めて若々しさを保ったり、免疫力を高めたり、糖尿病の合併症や認知症の発症を食い止める。これらの効果が期待できるのが、毛細血管を強化することだ。

 毛細血管は体内の血管の99%を占め、全身の隅々の細胞にまで酸素や栄養を運び、老廃物を回収している。血管の健康というと太い血管ばかりを意識しがちだが、各臓器の機能を維持して疾患や老化を防ぐには、毛細血管力を高めることが不可欠なのだ。

 しかし、毛細血管は年齢とともに退化し、血流が滞って使われなくなることでも減少してしまう。そこで大切になるのが、意識して毛細血管を鍛えること。例えば、腹式呼吸を習慣にすると自律神経の副交感神経が優位になり、血行を良くして毛細血管を鍛えるのに役立つ。4秒かけて吸い、4秒息を止め、8秒かけて吐く腹式呼吸を1日に数回行ってみよう。

 また、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて行うと、新たな毛細血管がつくられやすくなる。腹筋やスクワットなどの筋トレを5分行った後、15分ウオーキングする。これだけで毛細血管が若々しくよみがえり、病気や老化を防ぐことに役立つはずだ。(青春出版社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  2. 2

    東出昌大の好感度 渡部建や優樹菜の不倫報道で“V字回復”か

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  6. 6

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  7. 7

    年金暮らしなのに「本家」のプライドで毎月9万円の赤字が

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    綾瀬はるかと熱愛報道ノ・ミヌ 実は韓国では“過去の人”

もっと見る