• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「毛細血管が寿命をのばす」根来秀行著

 肌や髪の新陳代謝を高めて若々しさを保ったり、免疫力を高めたり、糖尿病の合併症や認知症の発症を食い止める。これらの効果が期待できるのが、毛細血管を強化することだ。

 毛細血管は体内の血管の99%を占め、全身の隅々の細胞にまで酸素や栄養を運び、老廃物を回収している。血管の健康というと太い血管ばかりを意識しがちだが、各臓器の機能を維持して疾患や老化を防ぐには、毛細血管力を高めることが不可欠なのだ。

 しかし、毛細血管は年齢とともに退化し、血流が滞って使われなくなることでも減少してしまう。そこで大切になるのが、意識して毛細血管を鍛えること。例えば、腹式呼吸を習慣にすると自律神経の副交感神経が優位になり、血行を良くして毛細血管を鍛えるのに役立つ。4秒かけて吸い、4秒息を止め、8秒かけて吐く腹式呼吸を1日に数回行ってみよう。

 また、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて行うと、新たな毛細血管がつくられやすくなる。腹筋やスクワットなどの筋トレを5分行った後、15分ウオーキングする。これだけで毛細血管が若々しくよみがえり、病気や老化を防ぐことに役立つはずだ。(青春出版社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る