「脳はいいかげんにできている」デイヴィッド・J・リンデン著、夏目大訳

公開日:

 人間の脳は、「巧みに設計され、効率的にはたらく」究極の機械とよく絶賛される。しかし、脳は「寄せ集め、間に合わせの産物」に過ぎず、にもかかわらず、非常に高度な機能を持ち得ていることが実は驚異なのだという。そして、私たちが抱く感情や知覚、行動の多くは、脳が非効率な設計になっていることから生じているとも。本書は、そんな知られざる脳と心の仕組みを説いたサイエンス・ノンフィクション。

 脳には、何億年という進化の中で生じた種々の問題に「その場しのぎ」で対応してきた痕跡がすべて残っているという。特定の相手と夫婦関係を続けることや、文化を問わず宗教を持つことなど、人間ならではの特徴を脳の成り立ちから解説。脳の常識を覆す知的好奇心をくすぐる書。(河出書房新社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る