「脳はいいかげんにできている」デイヴィッド・J・リンデン著、夏目大訳

公開日: 更新日:

 人間の脳は、「巧みに設計され、効率的にはたらく」究極の機械とよく絶賛される。しかし、脳は「寄せ集め、間に合わせの産物」に過ぎず、にもかかわらず、非常に高度な機能を持ち得ていることが実は驚異なのだという。そして、私たちが抱く感情や知覚、行動の多くは、脳が非効率な設計になっていることから生じているとも。本書は、そんな知られざる脳と心の仕組みを説いたサイエンス・ノンフィクション。

 脳には、何億年という進化の中で生じた種々の問題に「その場しのぎ」で対応してきた痕跡がすべて残っているという。特定の相手と夫婦関係を続けることや、文化を問わず宗教を持つことなど、人間ならではの特徴を脳の成り立ちから解説。脳の常識を覆す知的好奇心をくすぐる書。(河出書房新社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る