「脳はいいかげんにできている」デイヴィッド・J・リンデン著、夏目大訳

公開日:

 人間の脳は、「巧みに設計され、効率的にはたらく」究極の機械とよく絶賛される。しかし、脳は「寄せ集め、間に合わせの産物」に過ぎず、にもかかわらず、非常に高度な機能を持ち得ていることが実は驚異なのだという。そして、私たちが抱く感情や知覚、行動の多くは、脳が非効率な設計になっていることから生じているとも。本書は、そんな知られざる脳と心の仕組みを説いたサイエンス・ノンフィクション。

 脳には、何億年という進化の中で生じた種々の問題に「その場しのぎ」で対応してきた痕跡がすべて残っているという。特定の相手と夫婦関係を続けることや、文化を問わず宗教を持つことなど、人間ならではの特徴を脳の成り立ちから解説。脳の常識を覆す知的好奇心をくすぐる書。(河出書房新社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る