「アサヒビール30年目の逆襲」永井隆著

公開日: 更新日:

 アサヒビールは1987年の「スーパードライ」発売でビールのトップメーカーとなった。そのためスーパードライの販売に影響を与える商品を発売してはならないという暗黙のルールに縛られ、ビール依存型経営から脱却できなかった。だが、負け犬でいいのかという平野副社長の檄に発奮したマーケティング本部は、果汁入り缶チューハイの開発に取り組む。

 居酒屋の生搾りサワーに勝てるものはなかなかできなかったが、果汁の劣化を防ぐ技術が開発される見通しに。デジタルマーケティング部の玉手は、この企画が通ったら“ファンベース・マーケティング”をやらせてもらおうと考えた。

 企業の大変革を描くノンフィクション。(日本経済新聞出版社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る

人気キーワード