「アサヒビール30年目の逆襲」永井隆著

公開日:

 アサヒビールは1987年の「スーパードライ」発売でビールのトップメーカーとなった。そのためスーパードライの販売に影響を与える商品を発売してはならないという暗黙のルールに縛られ、ビール依存型経営から脱却できなかった。だが、負け犬でいいのかという平野副社長の檄に発奮したマーケティング本部は、果汁入り缶チューハイの開発に取り組む。

 居酒屋の生搾りサワーに勝てるものはなかなかできなかったが、果汁の劣化を防ぐ技術が開発される見通しに。デジタルマーケティング部の玉手は、この企画が通ったら“ファンベース・マーケティング”をやらせてもらおうと考えた。

 企業の大変革を描くノンフィクション。(日本経済新聞出版社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る