• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
白石あづさ
著者のコラム一覧
白石あづさ

日本大学芸術学部卒。地域紙の記者を経て約3年間の世界放浪へと旅立つ。現在はフリーライターとして旅行雑誌などに執筆。著書に「世界のへんな肉」「世界のへんなおじさん」など。

「カゴメ」って籠? 「夜明けの晩」っていつ?

「失われた天照大神の大預言『カゴメ唄』の謎」飛鳥昭雄、三神たける著 学研 1000円+税

 アフリカを旅していたとき、こんな話を聞いた。駐在の日本人の番犬が毒を盛られて泡を吹いていたら、翌日、強盗が来る合図かも。先にワンワン吠える犬を殺しておくからだ。即座に近所の日本人が集められ、手をつなぎながら庭をぐるぐると回り、♪か~ごめ、かごめ、かーごのな~かの鳥は~と、夜通し歌いまくるという。

「大変だ、日本人が恐ろしい呪文を唱えてる!」という噂が強盗の耳に入ればしめたもの。歌詞は分からないアフリカ人すら何か不気味なものを感じとるのだろう。「結界に入ったら死ぬ」と怯えて来ないそうだ。これがもし陽気な「メリーさんの羊」なら、誰も怖がらないかもしれない。

 小さい頃は何の疑問もなく歌っていたが、よく考えれば不思議な歌詞だ。

 カゴメって籠? 夜明けの晩っていつ? なぜ鶴と亀? とどめは後ろの正面って? 「きれいはきたない、きたないはきれい」と謎掛けをするマクベスに出てくる魔女のようだ。

 本書を開くと、歌の謎についていくつかの説を紹介している。カゴメとは、真ん中の子供を「囲め」から変化したとか、「籠女」とは吉原の遊女であるといった説も。へぇ、と相づちを打ちながら読み進めていくが、途中から卑弥呼や聖徳太子、アダムに秦氏、浦島太郎まで登場して私の頭は大混乱だ。終盤に挿入された昭和っぽい漫画は、作者の妄想なのか現実の話なのか分からないが、一つ一つの歴史の裏話はおもしろい。

 本の帯には「近い将来、光の秘密組織・八幡鳩が現れる。暗号『籠の中の鳥』の意味とはイエス・キリストのことだった!」と結論大公開だが、この戦隊モノの予告のようなキャッチコピーがもはやカゴメの歌詞よりもテンションが上がる。鶴と亀と鳥は出てくるけど、ハト? しかも秘密組織のハト? 

 頭に花咲くハテナマーク。壮大な歴史ロマンや宇宙規模の謎に触れると、小さい悩みは吹っ飛ぶ。たまには「おとなムー」な世界にどっぷりはまりながら、夜更かしを楽しんではいかがだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る