白石あづさ
著者のコラム一覧
白石あづさ

日本大学芸術学部卒。地域紙の記者を経て約3年間の世界放浪へと旅立つ。現在はフリーライターとして旅行雑誌などに執筆。著書に「世界のへんな肉」「世界のへんなおじさん」など。

「身の丈を超える」ことを信条とする変人一代記

公開日:

「爆走社長の天国と地獄」木村元彦著/小学館900円+税

 日本橋の忍者イベントに行ったら、忍者服で現れたおじさんがウキウキしながら「忍者が日本を救う」とか語っている。この忍者おじさん、誰? その正体は、大阪観光局の局長。さらに大分トリニータをつくった男だと聞いて驚いた。

 本書には、溝畑宏氏がプロサッカーチームを立ち上げ、追放された15年の軌跡が書かれている。数学者の父のもとで育ち、東大へ。履歴書の写真貼付欄に似顔絵を描いて送ったものの、国家公務員試験はパス。絵に描いたようなエリート街道だが、日本の中枢、大丈夫か? 

 異色の新人類として名を馳せた溝畑氏が霞が関の仕事に飽きたころ、大分県庁へ。“東京のお客さん”として静かに数年過ごせば出世も期待できるのだが、ある日、イタリアにいた父に呼ばれ、そこで見たサッカーのワールドカップの熱気に衝撃を受ける。

 小さな街が官民一体となって大盛り上がり。地方を元気にするのはこれだ! と思った溝畑氏は、まったくサッカー熱のない大分で、プロチームづくりをはじめるのである。

 知事を味方につけ選手を集めたものの、グラウンドがない。ある企業の野球の練習場に真夜中、忍び込み、マウンドをせっせと削る……って、官僚がそんなことしていいの!? いや、官僚でなくとも不法侵入だが、「懲戒免職手前のことは全部やる」と息巻く。あとは金だ。1日40社まわり寄付を集め、夜は宴会場で裸踊り。まさに地を這う金集めである。

 負ければ「溝畑、やめろ」とサポーターから水やゴミを投げられ、何もしないが妨害だけはする地元の権力者たち。嫁にも逃げられ、国家公務員をやめ出世も捨て、1億近い私財をつぎ込み貯金はすっからかん。

 周りから「バカか」と言われながらも、この愛すべき男を助ける財界人や地元の人々も強烈に人間くさい。グラウンドの選手ばかりに光が当たるが、場外乱闘がこんなにおもしろいとは。「身の丈を超える」ことを信条とする変人一代記。サッカーを知らない人でも一気に読めるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る