「フリーランスぶるーす」栗山圭介著

公開日:  更新日:

 主人公は、フリーターの平林健太、30歳。付き合っていた彼女と別れたのをきっかけに一旗揚げるつもりで上京したものの、気づけばアルバイトを転々とする生活になっていた。しかし愛犬ジョンの死を契機に、フリーター生活に区切りをつけることを決意。憧れのギョーカイ人の仲間入りを果たすべく、ダメもとで小さな編集プロダクションの門を叩いた。癖のある社長に運よく採用された健太を待ち受けていたのは、なんとアイドルの水着写真を撮影する南の島のロケ。カメラマンやスタイリスト、駆け出しのアイドルなど今まで出会ったことのない人にもまれながら、ギョーカイならではの洗礼を受けていくのだが……。

 広告制作、イベントプロデュース、フリーマガジン発行などの経歴を経て、2015年「居酒屋ふじ」でデビューし、デビュー作がテレビドラマ化されて話題を呼んだ作家の最新作。90年代の広告業界で必死に生き抜く男を描いた自叙伝的小説になっている。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る