• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「フリーランスぶるーす」栗山圭介著

 主人公は、フリーターの平林健太、30歳。付き合っていた彼女と別れたのをきっかけに一旗揚げるつもりで上京したものの、気づけばアルバイトを転々とする生活になっていた。しかし愛犬ジョンの死を契機に、フリーター生活に区切りをつけることを決意。憧れのギョーカイ人の仲間入りを果たすべく、ダメもとで小さな編集プロダクションの門を叩いた。癖のある社長に運よく採用された健太を待ち受けていたのは、なんとアイドルの水着写真を撮影する南の島のロケ。カメラマンやスタイリスト、駆け出しのアイドルなど今まで出会ったことのない人にもまれながら、ギョーカイならではの洗礼を受けていくのだが……。

 広告制作、イベントプロデュース、フリーマガジン発行などの経歴を経て、2015年「居酒屋ふじ」でデビューし、デビュー作がテレビドラマ化されて話題を呼んだ作家の最新作。90年代の広告業界で必死に生き抜く男を描いた自叙伝的小説になっている。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る