「フリーランスぶるーす」栗山圭介著

公開日: 更新日:

 主人公は、フリーターの平林健太、30歳。付き合っていた彼女と別れたのをきっかけに一旗揚げるつもりで上京したものの、気づけばアルバイトを転々とする生活になっていた。しかし愛犬ジョンの死を契機に、フリーター生活に区切りをつけることを決意。憧れのギョーカイ人の仲間入りを果たすべく、ダメもとで小さな編集プロダクションの門を叩いた。癖のある社長に運よく採用された健太を待ち受けていたのは、なんとアイドルの水着写真を撮影する南の島のロケ。カメラマンやスタイリスト、駆け出しのアイドルなど今まで出会ったことのない人にもまれながら、ギョーカイならではの洗礼を受けていくのだが……。

 広告制作、イベントプロデュース、フリーマガジン発行などの経歴を経て、2015年「居酒屋ふじ」でデビューし、デビュー作がテレビドラマ化されて話題を呼んだ作家の最新作。90年代の広告業界で必死に生き抜く男を描いた自叙伝的小説になっている。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る