• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「鎌倉湘南カフェ散歩 海と山と街と」川口葉子著

 各地の名物カフェを巡り、店の来歴や店主のカフェ哲学を紹介するシリーズ第3弾。豊かな自然と文化の薫りが漂う鎌倉・湘南地区を歩く。

 鎌倉駅から徒歩3分、1994年開店の「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」は、その後全国に広がったカフェカルチャーの先駆者として知られる。店の大テーブルに置かれたコーヒーミルは、東日本大震災の計画停電の時にマスターの堀内氏が自宅から持ち込んだもの。停電中も店を開き続けた氏は、その時にコーヒー1杯の重みを感じ、以後、店で提供するハンドドリップコーヒーはすべて自分の手で入れると決意し、支店を閉めたという。

 その他、週末のみに開店する完全予約制の「N邸 N―caf驕vなど80余店を網羅。(祥伝社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る