• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「鎌倉湘南カフェ散歩 海と山と街と」川口葉子著

 各地の名物カフェを巡り、店の来歴や店主のカフェ哲学を紹介するシリーズ第3弾。豊かな自然と文化の薫りが漂う鎌倉・湘南地区を歩く。

 鎌倉駅から徒歩3分、1994年開店の「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」は、その後全国に広がったカフェカルチャーの先駆者として知られる。店の大テーブルに置かれたコーヒーミルは、東日本大震災の計画停電の時にマスターの堀内氏が自宅から持ち込んだもの。停電中も店を開き続けた氏は、その時にコーヒー1杯の重みを感じ、以後、店で提供するハンドドリップコーヒーはすべて自分の手で入れると決意し、支店を閉めたという。

 その他、週末のみに開店する完全予約制の「N邸 N―caf驕vなど80余店を網羅。(祥伝社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る