「鎌倉湘南カフェ散歩 海と山と街と」川口葉子著

公開日:

 各地の名物カフェを巡り、店の来歴や店主のカフェ哲学を紹介するシリーズ第3弾。豊かな自然と文化の薫りが漂う鎌倉・湘南地区を歩く。

 鎌倉駅から徒歩3分、1994年開店の「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」は、その後全国に広がったカフェカルチャーの先駆者として知られる。店の大テーブルに置かれたコーヒーミルは、東日本大震災の計画停電の時にマスターの堀内氏が自宅から持ち込んだもの。停電中も店を開き続けた氏は、その時にコーヒー1杯の重みを感じ、以後、店で提供するハンドドリップコーヒーはすべて自分の手で入れると決意し、支店を閉めたという。

 その他、週末のみに開店する完全予約制の「N邸 N―caf驕vなど80余店を網羅。(祥伝社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る