• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

これほど露骨なハゲ蔑視がなぜ、放置されるのか

「コンプレックス文化論」武田砂鉄著/文藝春秋 1500円+税

 今年6月から7月あたりの流行語といえば、豊田真由子衆院議員の「このハゲーーーーー!」である。本書は「天然パーマ」「下戸」「一重(まぶた)」「親が金持ち」などのコンプレックスについて著者の武田氏が現状に対する分析を行うとともに、なぜそれがコンプレックスになり得るのかを解説する。そのうえで当事者にインタビューをし、最後に結論の文章を再度書くという展開になっている。

 武田氏は、世の中のさまつなことやテレビに出てくる人に対する違和感やモヤモヤとした部分を言語化し、(ひねくれ者タイプの)読者の共感を獲得するタイプである。本書でも同様の論考がバシバシと飛び出してくる。

 本書のトリを務めるのが「ハゲ」である。武田氏はこう書く。

〈ハゲというのは前項のチビに似て、コンプレックスの中でも茶化してしまっても構わないとされる部類に属する〉

 そのうえで、お笑いネタとしてハゲが頻繁にいじられる状況を紹介し、こう続く。

〈少しでも食べ物を粗末に扱えば、たちまちクレーム電話が殺到する昨今だというのに、これほど露骨なハゲ蔑視は放っておかれる〉

 ハゲていることで知られる臨床心理士・矢幡洋氏のインタビューにおけるこの発言は、ハゲに対する世間の扱いを見事に表している。

〈差別する、相手を嘲笑したいという気持ちは、人間のかなり根本的なところにあります。その比較的安全な矛先が、身体的欠陥では「ハゲ」しか残っていない〉

 豊田議員の「このハゲーーーーー!」がシビアなパワハラの現場の録音でありつつも比較的お笑い的文脈で使われたのも、こうした状況が現在の日本にあるからだろう。もし「この無能ジジイーーーーー!」だったら、笑えなかったかもしれない。「このワキガ野郎ーーーーー!」も笑えない。さまざまなコンプレックスはあり、それらを揶揄することは許されないことになっているが、ハゲだけが最後の牙城になっているのだ。

 本書で登場するコンプレックスは命に影響を与えるようなものではない。それなのに当事者がなぜそこまで悩むのか、を笑いをこらえながら、でも彼らに寄り添っているふうを装って書く点が巧みである。

 どうでもいいことだが、私のような編集者の場合、豊田氏の「このハゲーーーーー!」の「ー」の数は何個にするのが妥当なのか、なんとも悩ましい問題である。

★★★(選者・中川淳一郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る