「夜明けの約束」ロマン・ガリ著 岩津航訳

公開日:  更新日:

 ロシア系ユダヤ人移民の「私」は母と2人暮らしだ。母はロシア貴族の貴婦人と称し、「一族に伝わる最後の宝石」を金持ちの英国人らに売りつけて生計を立てている。

「私」の数学の成績が0点でも母は気にしない。「おまえの名前はいつか学校の壁に金色の文字で刻まれるんだから」と。バイオリニストやバレエダンサーになる夢は挫折して、今はビクトル・ユゴーを目指す。

 フランス軍の兵士として各地を転戦しているときも、母からの手紙は送られてきた。「私」の著作が出版されることになってからも母からの手紙は続いたが、「私」はその手紙に違和感を覚えた。

 女優ジーン・セバーグの伴侶で外交官も務めた作家の自伝小説。(共和国 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る