• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「夜明けの約束」ロマン・ガリ著 岩津航訳

 ロシア系ユダヤ人移民の「私」は母と2人暮らしだ。母はロシア貴族の貴婦人と称し、「一族に伝わる最後の宝石」を金持ちの英国人らに売りつけて生計を立てている。

「私」の数学の成績が0点でも母は気にしない。「おまえの名前はいつか学校の壁に金色の文字で刻まれるんだから」と。バイオリニストやバレエダンサーになる夢は挫折して、今はビクトル・ユゴーを目指す。

 フランス軍の兵士として各地を転戦しているときも、母からの手紙は送られてきた。「私」の著作が出版されることになってからも母からの手紙は続いたが、「私」はその手紙に違和感を覚えた。

 女優ジーン・セバーグの伴侶で外交官も務めた作家の自伝小説。(共和国 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事