• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「世界一の珍しい鳥」蜂須賀正氏著、杉山淳編

 徳川慶喜の孫にして大名華族、学習院中等科から、父の母校ケンブリッジ大学に入学し、鳥類の研究に没頭。そして、探検家にして飛行家であった著者(1953年没)は、17世紀に絶滅した巨大な鳩ドードー研究の権威として世界的に知られ、沖縄本島と宮古島との間に引かれた生物地理学上の線である蜂須賀線にその名をとどめた奇才の鳥類学者である。

 本書は、50年に出版した「世界の涯」に収録された絶滅鳥ドードーとモアについての文章を中心に、「アフリカ猛獣狩奇談」「ブルガリヤ国王」「サハラ砂漠」など雑誌に発表された紀行文を加え、博物学者ハチスカの世界が一冊に収められている。

 作家・川端裕人氏の解説付き。

 (原書房 3800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る