「世界一の珍しい鳥」蜂須賀正氏著、杉山淳編

公開日: 更新日:

 徳川慶喜の孫にして大名華族、学習院中等科から、父の母校ケンブリッジ大学に入学し、鳥類の研究に没頭。そして、探検家にして飛行家であった著者(1953年没)は、17世紀に絶滅した巨大な鳩ドードー研究の権威として世界的に知られ、沖縄本島と宮古島との間に引かれた生物地理学上の線である蜂須賀線にその名をとどめた奇才の鳥類学者である。

 本書は、50年に出版した「世界の涯」に収録された絶滅鳥ドードーとモアについての文章を中心に、「アフリカ猛獣狩奇談」「ブルガリヤ国王」「サハラ砂漠」など雑誌に発表された紀行文を加え、博物学者ハチスカの世界が一冊に収められている。

 作家・川端裕人氏の解説付き。

 (原書房 3800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  9. 9

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  10. 10

    野手登板に巨人OB賛否分裂 原“傲慢采配”を呼んだ真の問題

もっと見る