• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「世界史『意外な結末』大全」 日本博学倶楽部著

 世界史に名を残す人物たちの活躍の「その後」を紹介する歴史読み物。

 暴君で知られるローマ皇帝ネロだが、意外にも民衆には慕われ、死後、彼の墓にはその死を悼んで花を手向ける人が絶えなかったという。それというのも、ローマ大火の折に民衆に手厚い支援を施し、気まぐれに処刑した貴族の財産も、民衆のために使ったからだそうだ。

 その他、晩年に無実の罪を捏造され裁判にかけられたギリシャの哲学者アリストテレスや、自分の死後、妻が政治に介入するのを危惧して「死んだら妻を道連れにしろ」と遺言した中国清朝の創始者ヌルハチ、戦犯として服役後に北京の植物園の職員として働いたラストエンペラー・溥儀など。124人の面白エピソードを収録。

(PHP研究所 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る