「世界史『意外な結末』大全」 日本博学倶楽部著

公開日:

 世界史に名を残す人物たちの活躍の「その後」を紹介する歴史読み物。

 暴君で知られるローマ皇帝ネロだが、意外にも民衆には慕われ、死後、彼の墓にはその死を悼んで花を手向ける人が絶えなかったという。それというのも、ローマ大火の折に民衆に手厚い支援を施し、気まぐれに処刑した貴族の財産も、民衆のために使ったからだそうだ。

 その他、晩年に無実の罪を捏造され裁判にかけられたギリシャの哲学者アリストテレスや、自分の死後、妻が政治に介入するのを危惧して「死んだら妻を道連れにしろ」と遺言した中国清朝の創始者ヌルハチ、戦犯として服役後に北京の植物園の職員として働いたラストエンペラー・溥儀など。124人の面白エピソードを収録。

(PHP研究所 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る