「世界史『意外な結末』大全」 日本博学倶楽部著

公開日:

 世界史に名を残す人物たちの活躍の「その後」を紹介する歴史読み物。

 暴君で知られるローマ皇帝ネロだが、意外にも民衆には慕われ、死後、彼の墓にはその死を悼んで花を手向ける人が絶えなかったという。それというのも、ローマ大火の折に民衆に手厚い支援を施し、気まぐれに処刑した貴族の財産も、民衆のために使ったからだそうだ。

 その他、晩年に無実の罪を捏造され裁判にかけられたギリシャの哲学者アリストテレスや、自分の死後、妻が政治に介入するのを危惧して「死んだら妻を道連れにしろ」と遺言した中国清朝の創始者ヌルハチ、戦犯として服役後に北京の植物園の職員として働いたラストエンペラー・溥儀など。124人の面白エピソードを収録。

(PHP研究所 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る