「ネメシスの使者」中山七里著

公開日:

 熊谷で65歳の女が殺された。傍らに〈ネメシス〉の血文字が残されていた。「復讐」あるいは「義憤」の女神を意味する言葉だ。被害者は6年前の通り魔殺人事件の犯人の母だった。19歳の女子大生と12歳の女児を包丁でめった刺しにして殺した犯人は死刑を免れ、無期懲役で服役中だ。母親が包丁で刺殺されていることから、通り魔事件の遺族の復讐ではないかと思われた。

 ところが、〈ネメシス〉の文字が残された2件目の事件が発生。被害者は4年前のストーカー殺人事件の犯人の父だった。犯人は懲役18年で服役中で、両裁判とも同じ判事による「温情判決」といわれた。これは死刑を回避した判決への第三者の抗議なのか……。

 司法の正当性を問う意欲作。(文藝春秋 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る