「ネメシスの使者」中山七里著

公開日: 更新日:

 熊谷で65歳の女が殺された。傍らに〈ネメシス〉の血文字が残されていた。「復讐」あるいは「義憤」の女神を意味する言葉だ。被害者は6年前の通り魔殺人事件の犯人の母だった。19歳の女子大生と12歳の女児を包丁でめった刺しにして殺した犯人は死刑を免れ、無期懲役で服役中だ。母親が包丁で刺殺されていることから、通り魔事件の遺族の復讐ではないかと思われた。

 ところが、〈ネメシス〉の文字が残された2件目の事件が発生。被害者は4年前のストーカー殺人事件の犯人の父だった。犯人は懲役18年で服役中で、両裁判とも同じ判事による「温情判決」といわれた。これは死刑を回避した判決への第三者の抗議なのか……。

 司法の正当性を問う意欲作。(文藝春秋 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る