• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ネメシスの使者」中山七里著

 熊谷で65歳の女が殺された。傍らに〈ネメシス〉の血文字が残されていた。「復讐」あるいは「義憤」の女神を意味する言葉だ。被害者は6年前の通り魔殺人事件の犯人の母だった。19歳の女子大生と12歳の女児を包丁でめった刺しにして殺した犯人は死刑を免れ、無期懲役で服役中だ。母親が包丁で刺殺されていることから、通り魔事件の遺族の復讐ではないかと思われた。

 ところが、〈ネメシス〉の文字が残された2件目の事件が発生。被害者は4年前のストーカー殺人事件の犯人の父だった。犯人は懲役18年で服役中で、両裁判とも同じ判事による「温情判決」といわれた。これは死刑を回避した判決への第三者の抗議なのか……。

 司法の正当性を問う意欲作。(文藝春秋 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る