• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「君が夏を走らせる」瀬尾まいこ著

 16歳の大田少年が、1歳10カ月の女の子の面倒を見る話である。中武先輩から頼まれたのだ。先輩は高校を1年で中退し、しばらくふらふらしていたが、結婚して子供が生まれてからは建築資材を扱う会社で真面目に働いている。

 その先輩の奥さんが切迫早産で1カ月入院することになり、先輩が仕事に行っている朝9時から夕方まで、赤ん坊の世話を頼まれるのである。

「どうして俺に? 俺っすよ俺?」と大田少年は言うが、おまえしか頼む相手がいないんだと頭を下げられると断れない。高校もそろそろ夏休みだし、もっとも満足に学校にも行っていないからそんなことは関係ないのだが、こうして金髪ピアスの不良少年のひと夏が始まっていく。

 子供の世話なんてしたことがないし、しかも相手は1歳10カ月。「ぶんぶー」とか、「いしいしー」とか、「ジュジュジュー」としか言わないので、何を求めているのか大田少年にはまったくわからない。何が気に入らないのかずっと泣きやまないし、振り回される一方だ。しかしそのうちに、付き合い方の要領が少しずつわかってくるにつれて、小さな手が、その喜ぶ顔が、ぶつかってくる体が、とてもいとしいものに思えてくる。勉強が嫌いで、学校が嫌いで、ただ怠惰に日々を過ごしていた自分を、だからちょっとイヤになる。

 自分はまだ16歳だ。人生を諦めるには早すぎる。しかし何をすればいいんだろう。大田少年は必死に考え始める。(新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る