北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「君が夏を走らせる」瀬尾まいこ著

公開日:

 16歳の大田少年が、1歳10カ月の女の子の面倒を見る話である。中武先輩から頼まれたのだ。先輩は高校を1年で中退し、しばらくふらふらしていたが、結婚して子供が生まれてからは建築資材を扱う会社で真面目に働いている。

 その先輩の奥さんが切迫早産で1カ月入院することになり、先輩が仕事に行っている朝9時から夕方まで、赤ん坊の世話を頼まれるのである。

「どうして俺に? 俺っすよ俺?」と大田少年は言うが、おまえしか頼む相手がいないんだと頭を下げられると断れない。高校もそろそろ夏休みだし、もっとも満足に学校にも行っていないからそんなことは関係ないのだが、こうして金髪ピアスの不良少年のひと夏が始まっていく。

 子供の世話なんてしたことがないし、しかも相手は1歳10カ月。「ぶんぶー」とか、「いしいしー」とか、「ジュジュジュー」としか言わないので、何を求めているのか大田少年にはまったくわからない。何が気に入らないのかずっと泣きやまないし、振り回される一方だ。しかしそのうちに、付き合い方の要領が少しずつわかってくるにつれて、小さな手が、その喜ぶ顔が、ぶつかってくる体が、とてもいとしいものに思えてくる。勉強が嫌いで、学校が嫌いで、ただ怠惰に日々を過ごしていた自分を、だからちょっとイヤになる。

 自分はまだ16歳だ。人生を諦めるには早すぎる。しかし何をすればいいんだろう。大田少年は必死に考え始める。(新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る