• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「夏の祈りは」須賀しのぶ著

 県立高校の野球部を舞台にした連作集である。おやっと思うのは、その構成だ。全5話が収録されているが、1988年の第1話から始まって、ほぼ10年おきの話になっているのだ。ただし、2017年を描く第4話と第5話は正編と続編の関係にある。

 同じ高校野球部を舞台にしながらも10年おきというのは、登場人物がだぶらないということだ。各話の県大会で活躍した選手たちのその後を知りたくても、物語に再登場することはないので、私たちは彼らのその後の人生を知ることがない。時折、あのときのエースはその後プロに入ったらしいと伝聞で語られるだけである。

 こういう構成のために、物語に奥行きが生まれていることに留意。高校球児にとってはただ一度の夏であっても、その「ただ一度の夏」は毎年訪れる、という真実がここから浮き上がってくる。

 登場人物は再登場しないと先に書いたが、例外が第4話、第5話の監督香山始だ。彼は第1話のときは現役の野球部員で主将だった。それから30年後のいま、他校の監督を経て母校、埼玉県立北園高校の監督に就任し、最終話が始まっていく。北園高校は県大会準優勝がこれまでの最高成績で(香山が現役のときはベスト4だった)、まだ県大会で優勝したことがない。はたして香山率いる北園高校は、県大会で優勝できるのか、甲子園出場という悲願は達成できるのか。こうして2017年の埼玉県予選が始まっていく。

 (新潮社 520円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る