「ネタ元」堂場瞬一著

公開日:

 事件記者とネタ元(情報提供者)をめぐる短編集。全5編、5つの時代、5人の新聞記者が描かれていく。

「号外」は1964年の東京オリンピック開会式当日。東日新聞の濱中は連続爆破事件の犯人「草加次郎」から会いたいと連絡を受ける。大スクープだが、オリンピックに押されて記事のスペースがない。それでも号外での記事を確保し、草加のもとへ……。

「タブー」は外務省の機密漏洩事件で情報提供者と記者との関係が問題とされていた1972年。婦人警官の葉子と付き合っていた根岸は、葉子からある事件に関する情報を得る。これを使えば特ダネになるが、情報源が恋人の警官であるとわかったら……。

 1986年の「好敵手」では長年のネタ元と再会した老記者の感慨、1996年の「ネタ元」と2017年の「不拡散」は、SNS時代に突入したネタ元と記者との関係が描かれている。

 長年の新聞記者経験のある著者だけに細部は実にリアル。新聞というメディアの行く末に関しても考えさせられる。

 (講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る