「宇宙人に、いつ、どこで会えるか?」二間瀬敏史著

公開日:

 科学の世界でアインシュタインの特殊相対性理論の「E=mc2乗」に次ぐ2番目に有名な「ドレイクの方程式」というのをご存じか。

 N=R*×L×fp×ne×f1×fi×fc

 それぞれの因子の説明は省くが、この方程式を提唱したフランク・ドレイクは、そこから「1年に10個の恒星が生まれて、その半分が惑星を持ち、生命の誕生に適した惑星の数は2つ、その惑星には必ず生命が誕生し、知的生命にまで進化するのはその1%で、文明の存続時間は1000~100万年である」、つまり、知的生命に出合える可能性は極めて少ないにしても決してゼロではない、ということを導き出し、宇宙人探索の「オズマ計画」の意義を裏付けた。

 他に、ドップラー法、トランジット法、重力レンズ利用など5つの太陽系外の惑星の見つけ方も解説。地球外生命発見の最前線が分かる本。

(さくら舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る