• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ルビンの壺が割れた」宿野かほる著

 水谷一馬は、フェイスブックで偶然、未帆子という名を見つける。未帆子は一馬にとっては忘れられない女性だった。まさかと思いつつメッセージを送ると、やがて返信が。それは紛れもなく、28年前に別れた元婚約者の未帆子本人だった。

 こうしてメールによる2人の往復書簡が始まる。

 大学の演劇部の先輩後輩だった一馬と未帆子。その出会いから生い立ち、やがて結婚へと向かう過程が懐かしい思い出話とともにつづられていく。

 しかし、やりとりが進むにつれ、それぞれが隠していた秘密が浮き彫りになっていく。

 一馬は意を決して問う。結婚式の当日、未帆子はなぜ現れなかったのか、と。それに対する未帆子の返信は……。

 思わぬ結末に戦慄が走るサイコホラー。

(新潮社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る