「名探偵傑作短篇集 火村英生篇」有栖川有栖著

公開日:

 推理作家の有栖川は、友人の火村に呼び出され、事件現場に駆け付ける。臨床犯罪学者の火村は、フィールドワークと称し、捜査に参加しており、有栖川も彼の助手として認められていた。

 現場は外国人モデルのサンダースが転落死した自宅マンションだった。目撃者の証言から被害者がバルコニーで何者かと争っていたことが分かる。しかし、サンダースの部屋はチェーンロックがかかっていたという。マンションは弁護士の田宮が彼女に買い与えたものだった。行方を捜すと田宮は所轄署にいた。1時間前に踏切事故で彼の妻が死んだというのだ。(「赤い稲妻」)

 火村と有栖川のコンビが不可解な事件の謎を鮮やかに解いていく短編集。

 (講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る