「名探偵傑作短篇集 火村英生篇」有栖川有栖著

公開日: 更新日:

 推理作家の有栖川は、友人の火村に呼び出され、事件現場に駆け付ける。臨床犯罪学者の火村は、フィールドワークと称し、捜査に参加しており、有栖川も彼の助手として認められていた。

 現場は外国人モデルのサンダースが転落死した自宅マンションだった。目撃者の証言から被害者がバルコニーで何者かと争っていたことが分かる。しかし、サンダースの部屋はチェーンロックがかかっていたという。マンションは弁護士の田宮が彼女に買い与えたものだった。行方を捜すと田宮は所轄署にいた。1時間前に踏切事故で彼の妻が死んだというのだ。(「赤い稲妻」)

 火村と有栖川のコンビが不可解な事件の謎を鮮やかに解いていく短編集。

 (講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る

人気キーワード