「名探偵傑作短篇集 火村英生篇」有栖川有栖著

公開日: 更新日:

 推理作家の有栖川は、友人の火村に呼び出され、事件現場に駆け付ける。臨床犯罪学者の火村は、フィールドワークと称し、捜査に参加しており、有栖川も彼の助手として認められていた。

 現場は外国人モデルのサンダースが転落死した自宅マンションだった。目撃者の証言から被害者がバルコニーで何者かと争っていたことが分かる。しかし、サンダースの部屋はチェーンロックがかかっていたという。マンションは弁護士の田宮が彼女に買い与えたものだった。行方を捜すと田宮は所轄署にいた。1時間前に踏切事故で彼の妻が死んだというのだ。(「赤い稲妻」)

 火村と有栖川のコンビが不可解な事件の謎を鮮やかに解いていく短編集。

 (講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る