がん細胞を増やす“犯人”をピンポイント攻撃

公開日: 更新日:

「がん治療革命の衝撃」NHKスペシャル取材班著

 余命1年と宣告された進行がんの患者が、5年後も元気でいられる。がん治療の進化により、そんな時代がやってきている。

 カギを握るのが、「プレシジョン・メディシン(精密医療)」。がん細胞の遺伝子を解析し、その性質に合った治療を行っていくというものだ。がん細胞が持つ遺伝子の解析には膨大な時間と費用がかかっていたが、「次世代シーケンサー」と呼ばれる装置が登場したことで、高速かつ安価に遺伝子変異を突き止めることが可能になっている。これにより、新薬の開発も加速している。

 従来の抗がん剤は、“盛んに分裂する”というがん細胞特有の性質を抑え込む特徴を持っている。しかしその分、骨髄や毛髪を作る細胞など、増殖が活発な正常細胞まで攻撃され、治療の妨げとなっていた。

 しかし、プレシジョン・メディシンで用いられる薬では、遺伝子変異別にグループ分けしてピンポイントで狙い撃ちができるため、副作用が非常に少なくて済む。分子標的薬という治療薬の場合、がん細胞の異常増殖を促す犯人である、異常タンパク質の分子を標的として結合し、その働きを抑え込む。がん細胞に栄養を運ぶための血管を作る分子を抑え込んで、がん細胞を兵糧攻めにするタイプもある。保険適用になっている分子標的薬は、現在50種類と急増中だ。

 プレシジョン・メディシンの最先端国であるアメリカの治療現場も紹介。がんはついに不治の病ではなくなるかもしれない。

 (NHK出版 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    甲子園中止で代替大会はどうなる? 47都道府県高野連直撃

  10. 10

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

もっと見る