「偏愛読書トライアングル」瀧井朝世著

公開日: 更新日:

 新潮社の読書情報PR誌「波」に連載された書評コラム「サイン、コサイン、偏愛レビュー」から56本を厳選収録。

 最終収録の「未来を考える」(2016年5月号掲載)で取り上げる本は、70年後の未来の日本を考える、吉田修一著「橋を渡る」と、若者が恋愛にもセックスにも興味を示さなくなった2030年の近未来日本の落とし穴を描く窪美澄著「アカガミ」、そして、16年近く溺愛してきたが昨年5月に亡くなった猫との奇跡のような至福の時間は、これから先の人生の支えになることを気付かせたという北村薫著「八月の六日間」の3冊だ。

 紹介される作品は160冊以上。連載時にはなかった脚注と、本探しに便利な索引付き。

(新潮社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  6. 6

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  9. 9

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  10. 10

    大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る