「偏愛読書トライアングル」瀧井朝世著

公開日:  更新日:

 新潮社の読書情報PR誌「波」に連載された書評コラム「サイン、コサイン、偏愛レビュー」から56本を厳選収録。

 最終収録の「未来を考える」(2016年5月号掲載)で取り上げる本は、70年後の未来の日本を考える、吉田修一著「橋を渡る」と、若者が恋愛にもセックスにも興味を示さなくなった2030年の近未来日本の落とし穴を描く窪美澄著「アカガミ」、そして、16年近く溺愛してきたが昨年5月に亡くなった猫との奇跡のような至福の時間は、これから先の人生の支えになることを気付かせたという北村薫著「八月の六日間」の3冊だ。

 紹介される作品は160冊以上。連載時にはなかった脚注と、本探しに便利な索引付き。

(新潮社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  9. 9

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

  10. 10

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

もっと見る