「人形は指をさす」ダニエル・コール著、田口俊樹訳

公開日:  更新日:

 早朝、ロンドン警視庁の部長刑事ウルフは事件を知らせる電話で叩き起こされる。現場は彼が転居したばかりのアパートの向かいだった。現場の部屋には、6人の遺体をつなぎ合わせてつくった1人分の死体が天井から吊るされていた。その顔部分にウルフは見覚えがあった。27人もの若い売春婦を生きたまま焼き殺した火葬キラー、ハリドだった。

 さらにウルフは、何本もの糸で固定された遺体が指さしているのが自分の部屋だと気づく。すぐに無期懲役で刑務所にいるはずのハリドが死に、病院から首だけ持ち去られていたことが分かる。

 やがてウルフの元妻の元に、現場の写真と6人の名を記した殺人予告が届く。

 英国の新人作家の注目のデビュー作。

(集英社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る