「人形は指をさす」ダニエル・コール著、田口俊樹訳

公開日:  更新日:

 早朝、ロンドン警視庁の部長刑事ウルフは事件を知らせる電話で叩き起こされる。現場は彼が転居したばかりのアパートの向かいだった。現場の部屋には、6人の遺体をつなぎ合わせてつくった1人分の死体が天井から吊るされていた。その顔部分にウルフは見覚えがあった。27人もの若い売春婦を生きたまま焼き殺した火葬キラー、ハリドだった。

 さらにウルフは、何本もの糸で固定された遺体が指さしているのが自分の部屋だと気づく。すぐに無期懲役で刑務所にいるはずのハリドが死に、病院から首だけ持ち去られていたことが分かる。

 やがてウルフの元妻の元に、現場の写真と6人の名を記した殺人予告が届く。

 英国の新人作家の注目のデビュー作。

(集英社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る