「人形は指をさす」ダニエル・コール著、田口俊樹訳

公開日: 更新日:

 早朝、ロンドン警視庁の部長刑事ウルフは事件を知らせる電話で叩き起こされる。現場は彼が転居したばかりのアパートの向かいだった。現場の部屋には、6人の遺体をつなぎ合わせてつくった1人分の死体が天井から吊るされていた。その顔部分にウルフは見覚えがあった。27人もの若い売春婦を生きたまま焼き殺した火葬キラー、ハリドだった。

 さらにウルフは、何本もの糸で固定された遺体が指さしているのが自分の部屋だと気づく。すぐに無期懲役で刑務所にいるはずのハリドが死に、病院から首だけ持ち去られていたことが分かる。

 やがてウルフの元妻の元に、現場の写真と6人の名を記した殺人予告が届く。

 英国の新人作家の注目のデビュー作。

(集英社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る