「政治的に正しい警察小説」葉真中顕著

公開日:  更新日:

「意識高い系」の社会派ミステリーで人気作家に上りつめた浜名湖だが、最近、作品に物足りなさを感じ、殻を破りたいと考えていた。そんなある日、編集者の鶴子から、ポリティカル・コレクトネス(PC)をコンセプトにした新しい警察小説に挑戦するよう勧められる。PCとは「政治的正しさ」。具体的には表現に潜む差別性を排除していくことを指す。その気になった浜名湖は、すぐに作品を仕上げ、鶴子に渡すが、鶴子の評価は最低だった。書き直しを進める浜名湖は、次第に書斎に置いておくのも耐えられないほど、過去の自分の作品に嫌悪感を抱き始める。(表題作)

 そのほか、児童虐待や尊厳死など、今日的なテーマを鮮やかに描く、6編収録のブラックユーモアミステリー集。

(小学館 650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る