• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「政治的に正しい警察小説」葉真中顕著

「意識高い系」の社会派ミステリーで人気作家に上りつめた浜名湖だが、最近、作品に物足りなさを感じ、殻を破りたいと考えていた。そんなある日、編集者の鶴子から、ポリティカル・コレクトネス(PC)をコンセプトにした新しい警察小説に挑戦するよう勧められる。PCとは「政治的正しさ」。具体的には表現に潜む差別性を排除していくことを指す。その気になった浜名湖は、すぐに作品を仕上げ、鶴子に渡すが、鶴子の評価は最低だった。書き直しを進める浜名湖は、次第に書斎に置いておくのも耐えられないほど、過去の自分の作品に嫌悪感を抱き始める。(表題作)

 そのほか、児童虐待や尊厳死など、今日的なテーマを鮮やかに描く、6編収録のブラックユーモアミステリー集。

(小学館 650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る