• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「レッド・プラトーン」クリントン・ロメシャ著、伏見威蕃訳

 2009年、アメリカ陸軍はタリバンと戦うためにアフガニスタン北東部山岳地帯の谷に戦闘前哨基地を構えていた。10月3日早朝、本部小隊のジェイムズ・スタンリー2等軍曹とニコラス・ディヴィッドソンは不審な様子に気づいた。武装した数十人の男が村のあちこちの建物を足早に出入りし、普段、拳銃しか持っていないアフガニスタン治安警備隊の指揮官がAK―47を携帯している。無線連絡しようと送信ボタンを押したとき、周囲の山々から炎が噴き出した。約300人の反政府武装勢力が迫撃砲、狙撃砲、対空機関銃など、あらゆる火器で攻撃を開始したのだ。アフガニスタン戦争で最も過酷なカームデーシュの戦いを描くノンフィクション。

(早川書房 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る