「レッド・プラトーン」クリントン・ロメシャ著、伏見威蕃訳

公開日: 更新日:

 2009年、アメリカ陸軍はタリバンと戦うためにアフガニスタン北東部山岳地帯の谷に戦闘前哨基地を構えていた。10月3日早朝、本部小隊のジェイムズ・スタンリー2等軍曹とニコラス・ディヴィッドソンは不審な様子に気づいた。武装した数十人の男が村のあちこちの建物を足早に出入りし、普段、拳銃しか持っていないアフガニスタン治安警備隊の指揮官がAK―47を携帯している。無線連絡しようと送信ボタンを押したとき、周囲の山々から炎が噴き出した。約300人の反政府武装勢力が迫撃砲、狙撃砲、対空機関銃など、あらゆる火器で攻撃を開始したのだ。アフガニスタン戦争で最も過酷なカームデーシュの戦いを描くノンフィクション。

(早川書房 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る