• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「レッド・プラトーン」クリントン・ロメシャ著、伏見威蕃訳

 2009年、アメリカ陸軍はタリバンと戦うためにアフガニスタン北東部山岳地帯の谷に戦闘前哨基地を構えていた。10月3日早朝、本部小隊のジェイムズ・スタンリー2等軍曹とニコラス・ディヴィッドソンは不審な様子に気づいた。武装した数十人の男が村のあちこちの建物を足早に出入りし、普段、拳銃しか持っていないアフガニスタン治安警備隊の指揮官がAK―47を携帯している。無線連絡しようと送信ボタンを押したとき、周囲の山々から炎が噴き出した。約300人の反政府武装勢力が迫撃砲、狙撃砲、対空機関銃など、あらゆる火器で攻撃を開始したのだ。アフガニスタン戦争で最も過酷なカームデーシュの戦いを描くノンフィクション。

(早川書房 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る