「バカになったか、日本人」橋本治著

公開日: 更新日:

 人気作家が呆れた世の中を斬る時評エッセー。

 東日本大震災と原発事故が起きたのは、著者が4カ月の入院生活から自宅に戻って1カ月後だった。まだ闘病は続いており、体力がないため、冷静(と似たような)状態で、世の中の動きを見ていたという。

 当時の菅首相は大震災を「戦後最大の危機」と表現し、「戦後」という時代区分の中の出来事として捉えた。

 しかし、この震災からの復興は「戦後復興神話」から決別した、新しい時代区分の始まりと位置付けないとどうにもならないと指摘。そんな震災直後の思いから、その後の原発騒動や原発以上に厄介な政治の問題、そしてそんな政治家たちを容認している国民のあり方まで、思考の手がかりを教授。

(集英社 520円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る