「戦争の大問題」丹羽宇一郎著

公開日:  更新日:

 日本が戦争に巻き込まれる可能性は低くない。現状維持しようとする覇権国に対し、新興国が現状変更を強行することが戦争を引き起こす原因になることを「ツキジデスの罠」というが、新興国・中国の現状変更が続けば米中戦争が起こる可能性がある。第2次大戦の時、1941年に陸海軍や官庁、民間のエリートが、資源不足と生産力不足のため日本は負けると予測したのに、東条英機はその報告を握りつぶした。当時の戦争指導者は、勝てる見込みがあれば設定するはずの到着点を設定せず、戦争に走ったのだ。

 民間出身で初の中国大使を務めた国際ビジネスマンが、元防衛大臣、軍事ジャーナリストらの話に基づいてまとめた戦争論。

(東洋経済新報社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る