「DNAの98%は謎」小林武彦著

公開日: 更新日:

 20世紀後半から急激に進歩した生命科学は、医学に革命的な進歩をもたらしつつある。その基礎になるのが分子生物学で、今後はそれ抜きで医学は語れない。

 中でも重要なのはDNAで、人類は遺伝子の情報を記録するゲノム(全遺伝情報)の解読に成功したことが知られている。しかし、実はわかっているのはタンパク質合成に必要な2%のコードDNAに過ぎず、残りの非コードDNAである98%は依然、暗黒領域であるという。

 では、非コードDNAは何をしているのか? 東京大学分子細胞生物学研究所の教授である著者が、最新の情報をもとにその役割について解説してくれる。これからの新しい治療のヒントも書かれていて興味深い。今後の医学の方向性を知るうえでも読んでおきたい一冊だ。

(講談社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る