「ノーベル賞の舞台裏」共同通信ロンドン支局取材班編

公開日:  更新日:

 ベールに包まれたノーベル賞の舞台裏を徹底取材したリポート。

 創立から1世紀、受賞者には偉人が名を連ね、ノーベル賞は世界最高位の権威を誇る。だが、過去には「がんの原因は寄生虫」学説や、悪名高い「ロボトミー手術」開発に賞を授与するなど、ミスも少なくない。賞の運営には創設者ノーベルの遺言が絶対視されるが、遺言では「経済」を賞の対象に指定しておらず、スウェーデン経済界によるゴリ押しで、加わったそうだ。

 佐藤栄作元首相の平和賞受賞のために政府が展開した国際ロビー活動や、日本人受賞者が出るたびに繰り返される日本人取材陣の狂騒ぶりなどを紹介しながら、国家や著名大学の思惑が交錯し、時に政治に利用される賞の現実に迫る。

(筑摩書房 900円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る