• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ノーベル賞の舞台裏」共同通信ロンドン支局取材班編

 ベールに包まれたノーベル賞の舞台裏を徹底取材したリポート。

 創立から1世紀、受賞者には偉人が名を連ね、ノーベル賞は世界最高位の権威を誇る。だが、過去には「がんの原因は寄生虫」学説や、悪名高い「ロボトミー手術」開発に賞を授与するなど、ミスも少なくない。賞の運営には創設者ノーベルの遺言が絶対視されるが、遺言では「経済」を賞の対象に指定しておらず、スウェーデン経済界によるゴリ押しで、加わったそうだ。

 佐藤栄作元首相の平和賞受賞のために政府が展開した国際ロビー活動や、日本人受賞者が出るたびに繰り返される日本人取材陣の狂騒ぶりなどを紹介しながら、国家や著名大学の思惑が交錯し、時に政治に利用される賞の現実に迫る。

(筑摩書房 900円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る