• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ノーベル賞の舞台裏」共同通信ロンドン支局取材班編

 ベールに包まれたノーベル賞の舞台裏を徹底取材したリポート。

 創立から1世紀、受賞者には偉人が名を連ね、ノーベル賞は世界最高位の権威を誇る。だが、過去には「がんの原因は寄生虫」学説や、悪名高い「ロボトミー手術」開発に賞を授与するなど、ミスも少なくない。賞の運営には創設者ノーベルの遺言が絶対視されるが、遺言では「経済」を賞の対象に指定しておらず、スウェーデン経済界によるゴリ押しで、加わったそうだ。

 佐藤栄作元首相の平和賞受賞のために政府が展開した国際ロビー活動や、日本人受賞者が出るたびに繰り返される日本人取材陣の狂騒ぶりなどを紹介しながら、国家や著名大学の思惑が交錯し、時に政治に利用される賞の現実に迫る。

(筑摩書房 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る