「おおきく考えよう」ペーテル・エクベリ作 イェンス・アールボム絵 枇谷玲子訳

公開日:

 アクティブラーニングの先進国、スウェーデン産の哲学入門書。アクティブラーニングとは、教わる側が能動的に学んでいく学習法だが、本書でも、単に哲学的な考えを解説するのではなく、読む側が自分で考えていくような設問の仕方をしているのが特徴。

 まず、人間がこの世に生まれてくることがいかに奇跡的なことかを説き、「きみはこの世に生を受けた。その命をどうしたい?」と問いかける。次に、さまざまな生物が生きているこの地球に存在している「自分」とは何者なのか、と。さらにルネサンス期の哲学者、ピコ・デラ・ミランドラの「人間はすべての生き物のなかでもっとも幸せだ」という言葉を紹介し、人間にとって「幸せ」とは何かを考えさせる。

 といった具合に、人間の本質、理想の社会、人生の意味といった哲学的な命題を自分で考えていく。内容は高度だが絵本仕立てになっていて読みやすい。スマホばかり眺めている人も、たまにはこういう大きな問題を考えるのもいいのでは?

(晶文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る