• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「おおきく考えよう」ペーテル・エクベリ作 イェンス・アールボム絵 枇谷玲子訳

 アクティブラーニングの先進国、スウェーデン産の哲学入門書。アクティブラーニングとは、教わる側が能動的に学んでいく学習法だが、本書でも、単に哲学的な考えを解説するのではなく、読む側が自分で考えていくような設問の仕方をしているのが特徴。

 まず、人間がこの世に生まれてくることがいかに奇跡的なことかを説き、「きみはこの世に生を受けた。その命をどうしたい?」と問いかける。次に、さまざまな生物が生きているこの地球に存在している「自分」とは何者なのか、と。さらにルネサンス期の哲学者、ピコ・デラ・ミランドラの「人間はすべての生き物のなかでもっとも幸せだ」という言葉を紹介し、人間にとって「幸せ」とは何かを考えさせる。

 といった具合に、人間の本質、理想の社会、人生の意味といった哲学的な命題を自分で考えていく。内容は高度だが絵本仕立てになっていて読みやすい。スマホばかり眺めている人も、たまにはこういう大きな問題を考えるのもいいのでは?

(晶文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る