• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歴史作家vs歴史学者の「史実」をめぐる審判

「坂本龍馬が教科書から消える?」というので先ごろ話題になった高校日本史の用語精選案。それを図らずも思い出したのが現在、都内公開中の映画「否定と肯定」である。

 90年代半ば、アメリカの女性歴史学者がイギリスの歴史家から名誉毀損で提訴される。ナチによるユダヤ人のホロコーストを捏造とする「陰謀論」を真っ向から論破した彼女の著作のおかげで世評を傷つけられ、作家として営業妨害されたという。結局、足かけ4年にわたりイギリスの法廷を舞台に「史実」が審判された実話の映画化作品だが、「南京大虐殺でっち上げ説」などの連想もあって映画評やSNSでも評判のようだ。でも、それがなぜ坂本龍馬?

 実はこの映画、よく見ると「歴史作家VS歴史学者」の話でもあるのだ。同じ「歴史家」でも大学で研究する「歴史学」者と文筆家として「歴史書」を書く物書きは違う。それが司馬遼太郎以来の「龍馬ブーム」と学問的な「歴史」への対し方の相違を思い出させるのである。

 小澤実編「近代日本の偽史言説」(勉誠出版 3800円+税)は2年前に学界で話題になったシンポジウムの論集。江戸後期、近江・山城国で捏造された中世の古文書(と称する偽書)群がどう書かれ、流通し、後世の郷土史家たちを惑わせてきたかを詳細に調べ上げた巻頭論文をはじめ、偽史(フェイク・ヒストリー)それ自体を歴史研究の対象とする意欲作。ユダヤ陰謀説と日猶同祖論(日本人とユダヤ人は先祖が同じ説)にそれぞれ1章が割かれ、両者が共存するニッポンの不思議もうかがえる。

 <生井英考>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る