「痴漢冤罪」新堂冬樹著

公開日:  更新日:

 あるサラリーマンが電車の中で、少女から痴漢だと訴えられるところから物語は始まる。身の潔白を主張するつもりで駅の事務所に行こうとしたところ、居合わせた弁護士に示談に持ち込んだ方が被害が少ないと諭され、示談金を支払うことに。

 しかし、これは弁護士の木塚が、被害者役の女性と目撃者役の男と組んで仕掛けた巧妙なワナだった。

 結婚指輪をしている、いい靴を履いている、高い腕時計をしているの3条件をチェックしてカモを見極めてから、カモのそばに女を配置して女から体を押し付け、被害を装うのだ。

 トントン拍子に金を手に入れた木塚の次のターゲットは、人気の若手俳優・松岡。所属事務所の社長・吉原から金を巻き上げる魂胆だったのだが、吉原との交渉は想像以上に壮絶なバトルと化していく……。

「血塗られた神話」でデビューして以来、裏社会を描写した小説で定評のある著者の最新作。痴漢冤罪をテーマに、やるかやられるかの男の勝負を描いている。

(祥伝社 1850円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る